お金を借りたいと思う時

お金を借りたいと思う時は学費や車等に費用を当てようと思った時です。

普段の生活で欲しいと言う物はあまり無いので困る事はありませんが普通の給料で貯蓄の分を削ってしまうと苦しくなることがあるのでその様な時は借りたくなります。

数万円程度であれば給与の分で支払えますが100万円以上となると厳しいので借りざるを得ませんが本来であればそれくらい金額のかかる事を避けたいのですが、一人で生きるのであれば大した事はありません。

が、家族が居る場合ですとそう言う訳にも行かないのがつらい事で思った以上に世の中の人はお金によって苦しんでおり金額が低い為その様な状態に陥っています。

生活する上で一番かかるのはローンで車のローンや家のローンや学費などの様な高額で何か月も支払わないといけない様なものになるとそれだけで毎月かなりの金額がかかってしまいます。

病気とか怪我とか何か出費する時などは貯蓄を切り崩すなどして何とかなりますが高い買い物する時だけは元手が無いのでどうしようも無いので借りざるを得ません。

お金に困った時は普段使わない物や価値の高い物をネットオークションなどで売ったり携帯の通信費や電気代ガス代など固定費を削ります。

食費は半額の野菜やお肉を買ったりすれば少ない金額で多い量を買えてお得ですし冷房暖房などの温度も外気温より少し下げるだけでも快適になりますので気を付けたいところです。

買い物も車で行くのではなく自転車で買う様にするだけでガソリン代も節約する事が出来る様になります。ポイントとしては欲しい物を抑えるよりも固定費を出来る限り削りさえすればうまく行きます。

もしお金を借りたとしてもその返済の分をうまく減らす事さえ出来れば負担を大幅に減らす事が出来ますので日常的にシュミレーションしていくといいでしょう。

個人的にお金を借りるのはあくまで最終手段と言う事を念頭に置かなければならないと言う点であり気軽に借りるのはお勧めできないと言う事です。

ただ、ついこの間の事なんですがお金が足らず携帯代が払えない事がありました。

今のご時世、携帯が止まると本当に困ります。この時は、携帯が止まる前にお金を借りて支払いしました。

こちらで・・・(携帯代が払えない※携帯が止まる前に即日借りれるローン会社でお金を借りる

稀なケースなんですが、このような時もお金を借りる場合があります。

どんなに楽しくても買い物しすぎると後が辛い

大学生の頃はバイトはしていましたが、とにかく友達と遊ぶことが楽しくて仕方ない時だったので毎週のように原宿や渋谷まで友達と買い物に行ったりお茶をしたり好きなバンドのライブに行くことが楽しみでした。

バイト代を足しても毎月のようにお金は足りず、子供の頃からお年玉を貯金していたお金も数か月でなくなってしまいいつも金欠な状態でした。学生ローン(※カードローン学生)を利用したりしてまで遊んでいたこともありました。

それでも友達と遊ぶ時間は減らしたくなかったので、学校の昼食用にもらっているお金を少しずつ節約したり、聞かなくなったCDを売ったりとお金がないながらも友達と遊ぶ時間を減らすことはできませんでした。

大学を卒業し働き始めると学生時代とは違い、毎月働いただけ収入があるのでかなり、生活は楽になり働き始めると新しくできた友達とも遊ぶことが多くなりました。

元々おしゃれや買い物が大好きだったので毎月の収入は洋服や好きなブランド品を買うことでほとんど消えていきました。

大人になって働き始めると自分の好きなものが好きなだけ買うことができるとかなり浮かれていました。

ですので友達に誘われて海外旅行に行くことになった時、日本よりも欲しいブランドのバッグや靴が安く買えることがうれしいあまり持って帰れるのかわからないくらいたくさんのバッグや靴、洋服を購入していました。

一度海外旅行に行ってしまうと楽しさが忘れられなくなってしまい、数回目の海外旅行でハワイに行った時に自分でもびっくりするくらいの買い物をしてしまいました。

満足して日本に帰ってきましたが、気が付いてみるとお給料日までほとんどお金がない状態でした。

自分で使ってしまったので親からお金を借りることもできず、お給料日まで10日ほどありましたがほとんど現金がない状態だったのでお昼ごはんはおにぎりと水筒持参で夜の友達との飲み会やお茶はの予定はすべてキャンセルしました。

自分の責任ではありますが何も考えずにお金を使いすぎてしまったことにはかなり反省しお金がない生活は10日ほどでもかなり大変だったのでそれ以来、海外旅行に行っても買い物する金額の限度額を決めて使いすぎないように注意するようになりました。

髭の悩みと加圧トレーニング

今私は加圧トレーニングにはまっています!フェニックス加圧トレーニング専用ウェアカーツを着てトレーニングをしています。会社帰りでクタクタになりながらも、毎日ジムでトレーニング!健康のためにこれからもがんばります!

加圧トレーニングの特徴は、軽い負荷&短時間で効果があることです。1回の加圧トレーニングは10分~20分くらいだし、短期間で効果が表れるのが良いところ。私のように体力がなくてもトレーニングが可能なのも続けやすいポイントです。肩コリや浮腫にも効果的らしくって、これは血流が良くなるからだそう。

そんな私の悩みを聞いてください。

私はヒゲが濃くて以前から悩んでいました。一日に数回ヒゲを剃らなくてはいけないくらい、濃いヒゲに日々悩んでいました。朝起きた際にヒゲを剃り、出勤する前にヒゲを剃り、昼休みにヒゲを剃りと、一日の中で、ヒゲを剃るということがかなり占められていました。これはかなりのストレスになり、ヒゲのせいで、肌が荒れてしまうことも多々ありました。

そんな中、雑誌で「ヒゲ脱毛」の記事が目に入ってきました。私は、「ヒゲも脱毛できるんだ」と思い、早速情報収集を始めました。レーザーを照射した後には、一旦ヒゲが濃くなってしまうなどの書き込みがあり、不安が大きくなってきました。悩んでいても何も始まりません。

そこで、早速私の住んでいるところにも「ヒゲ脱毛」ができるクリニックがあることが分かり、予約をしました。そして、ヒゲのレーザー脱毛をしにとあるクリニックに行くことにしました。今まで1日で3回は少なくともヒゲを剃らなくてはいけないくらい濃いヒゲだったので、大きな期待でした。

いよいよ施術が始まりです。まずレーザーのテスト照射を行ない、どれくらい痛いかを確認しました。ヒゲが濃い場所ほど照射後の痛みが強くなります。痛かった順は、首、頬、顎、口の下、鼻の下でした。一番痛いのは鼻の下です。そのためだと思うのですが、照射を行なう順番としては、鼻の下が一番最後になりました。

いざ連続での照射になると額から汗が出て、脚は震えていました。汗が出るほどの痛みがあるとは思っていなかったので、驚きでした。軽い拷問状態でした。1回の照射では完全に脱毛ができていない状態で、私は合計3度のレーザー照射を行ない、ようやくヒゲから別れることができました。

今では毎日のヒゲ剃りとは別れ、ヒゲに関して悩むこともなく、快適に過ごしています。もう少し早くにヒゲ脱毛と出会っていれば、少しでも早くヒゲと別れることができたと思い、ストレスとも少しでも早く別れられることができたのにと思っています。