長野市に住むとは思ってもいなかった

大学3年生の時に、東京から日帰りで行ける旅行先を考えた時に、ふっと思いついたのが、長野への旅行でした。当時は新幹線もなく、考えられる交通機関は、JRの在来線と高速バスでした。

インターネットも無い時代でしたので、旅行のガイドブックを買って、経路などを考えたのですが、時間的なことを考え、移動についてはJRの特急を使うことにしました。指定席の予約をしたのですが、上野発の「あさま」も新宿発の「あずさ」も満席でしたので、新宿駅で朝一番にホームに並んで「あずさ」に乗ることにして、スタートしました。

「あずさ」には、自由席に座れましたが、甲府まではかなり混雑していましたが、その後は通路に立つ人も居なくなり、ゆっくり過ごせました。

松本で、「しなの」に乗換えて長野に向いましたが、長野駅は、今は無き、善光寺を模した駅舎が迎えてくれました。有難いものだと思いながら、長野電鉄の駅に向かい、市役所前まで普通列車に乗り、善光寺に行きました。

晴れていたので、沢山の人が訪れていました。一通り見た後は、道路を歩き、蕎麦屋へ入って蕎麦を食べたのですが、他のお店の方が良かったかな?と思ったのですが、美味しい蕎麦は次回以後にということで、再度長野電鉄の電車に乗り、松代へ行きました。

途中、須坂で乗換えたのですが、駅のホームに嘗て使われていた鉄道に関する物品が保存・展示されており、待ち時間を利用して、ゆっくりと見ることが出来ました。引き込み線には、旧型電車を置き換えるべく投入される電車が留置してあり、世代交代の感がありました。

須坂からは、今は廃線となった路線に乗ったのですが、電車は1両編成で、車内には放送スピーカーもなく、車掌がこまめに車内を巡回して肉声で次の停車駅などの案内をしていました。これは、私にとって強烈でした。

私の場合、JRや大手私鉄・地下鉄に慣れているせいか、この様な旧型電車、しかもワンマンカーでもない電車で、この様なものに出会えるとは思いませんでした。乗客はそれ程多くもなく、淡々と進んでいたのですが、行き違いの出来る駅でも右側通行であることや、如何にもローカル私鉄といった駅舎が鮮明に印象に残りました。

松代に着いた後は、文武学校などの真田幸村にゆかりのあるものを色々と見て回りました。土産物も買って、松代駅に戻りましたが、駅の窓口で購入した切符は硬券でした。ホームに出て列車を待っていると、松代に向かう時に乗った1502型電車がゆっくりと入線してきました。

須坂までゆったりとした時間が過ぎ、そして須坂からは長野行きの電車に乗って長野駅まで戻りました。特急にも乗りたかったのですが、本数が少ないので叶いませんでした。

その10年後に長野市に転勤してくるとは、この時は思っていませんでしたね。今は長野市で悠々と暮らしています。最近はエステや脱毛にも通い始めましたよ。脱毛サロンは、長野市で口コミの良かった脱毛サロン・ミュゼプラチナムに通っています。

また、当時のようにどこかに旅行にいきたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です